新薬ネットのアルバイト。私は新薬モニター歴10年以上です

a0001_016825

 

私は、新薬モニター歴10年の会社員です。

今までに、体験した新薬モニターのバイトの種類についてご説明したいと思います。

 

モニターのタイプは2種類あります。

数日間の宿泊で、拘束期間が長い「宿泊タイプ」と、指定された期日に、指定医療機関に通院する、「通院タイプ」です。

 

モニターの募集については、ネットで募集を探すことがほとんどですね。

私が利用している新薬モニターの求人サイト、「新薬ネット」には、たくさんの募集が掲載されています。

 

私は、両方のモニター経験がありますが、報酬は、「宿泊タイプ」の方が断然、高いです。

しかし、拘束タイプは、人気が高くすぐ、予約で埋まってしまうこと、なかなか、まとまった期間会社を休むことが、何度もできないため、一年に一度くらいの回数でモニターに参加しています。

 

拘束タイプの場合、最初に検査を受けた後は、部屋で自由な時間を過ごせます。

部屋は、個室でテレビや雑誌が用意されていますが、自分で本やゲームを持ち込むのがいいでしょう。

 

食事付きで、ゲームをしながら高い報酬が手にはいる。

それは危険だからではないか?」と思われる方も多いでしょう。

 

確かに、新薬のモニターなので、全く危険性がないということはありませんが、何度も実験を繰り返し、発売直前の新薬がほとんどです。

そこまで心配する必要はありません。

 

私は、新薬モニターの経験が10年以上になりますが、今までトラブルは全くありませんでしたし、そのような話も聞いたことがありません。

ただ、持病があったり、アレルギー体質の場合は、申し込み時の詳細を確認し、最初の検診で話しておく必要があります。

 

新薬モニターは、社会貢献できる立派な仕事です。

時間に余裕のある方、一度、参加してみては如何でしょうか。

 

li610_02

 

a0800_000527

 

h4新薬モニター 知らなかった安心面の多さ

 

新薬モニター」、「治験」というものを、貴方も一度は耳にしたことがあるんではないでしょうか。

 

治験というものは、まず一番気になるのは安全性。
かなり高額の報酬が貰えると言っても、その分危険性が高いのであれば意味がありません。

 

私が治験で使用しているのは、『新薬ネット』というサイトですが、こちらでのお話を書きますね。

検索サーチで検索すれば、公式サイトさんが一番最初に上がって来ると思います。

 

まずこちらのサイトさんで治験に使用されている薬は3種類有ります。

 

①海外で既に販売されていて、日本で未販売。

②既に日本で市販されている薬と同成分(例:ジェネリック医薬品)。

③全くの新成分。

 

殆どが①②ばかりで、③は滅多にありません。

 

①②の場合、既に人が使用すること自体に、重大な問題がないのはお判りでしょうか?

私はこれを聞いただけで、単純なのでもう安心してしまいました。

 

③も薬の臨床実験って10年位は掛かるんです。

その時点で考えうる大きな問題点は既に解消されているんですね。

 

不安なら、③はやめておいて①②だけでも良いと思いますし。

 

あと私が意外だったのは、新薬モニターって何十日も拘束されて何十万と極端なものばかりだと思っていたんですが、健康診断+数回の通院で数万円という、お手軽なタイプもあるんです。
私は、手軽な「通院タイプ」から始めています。

 

因みに余談ですが泊りがけの際、定期的に血を抜かれる以外凄く暇ですので、ゲームや本や、ノートパソコンを持ち込んだ方が良いですね。

インドアな私は楽しく過ごせています。

 

yajirusi新薬ネットの会員登録はこちらからできます。

 

li610_02

 

sinyaku_net新薬ネット

 

㈲フェイバリットサーチ運営の新薬モニター求人

新薬モニターに特化した業界最大手

 

arrow_red新薬ネット公式サイト

 

li610_02

 


次の記事も読んでね!!