新薬モニターの基本と安全性について

a1180_007182

 

新薬モニター」とは、文字通り発売前の医薬品、化粧品などを使用し、使用した感想、検査データなど提供することです。
世に新しい商品を出すうえで、新薬モニターは欠かせない仕事であり、そういった意味で有意義な仕事であるとも言えます。

 

 

point1仕事内容

 

 

新薬モニターの「仕事内容」は、クライアントの指示に従って商品を使用したり、検査を受けたりするのが基本内容となります。
新薬モニターは比較的長時間に及び、また待ち時間が長い仕事ではありますが、読書やゲームなど自由にして過ごすことができるため人気があります。

 

もちろん、待ち時間も仕事時間としてカウントされるので安心して下さい。

 

 

point2謝礼

 

 

報酬についてはモニター内容によってまちまちなのですが、日給に換算すると2万円以上になることが多いです。
一度のモニター期間が数日から数週間に及ぶ場合、数十万円という高額の報酬を手にすることも可能です。

 

ちなみに、新薬モニターの場合報酬は「謝礼」という形で支給されます。
そのため税金が引かれず、会社勤めをしている方の副業としても人気があります。

 

 

point3安全性

 

 

新薬モニターをしてみたいと考える場合、気になるのは当然「安全性」についてです。
新薬モニターを実施するためには、国によって厳格な基準が設けられているため、安全性についてはほぼ心配ないといって間違いありません。

 

しかし、新薬モニターに参加する場合はあくまでも自己責任なので、自分の体調などを考慮して参加する必要はあります。

 

新薬モニター情報を探す場合、モニター参加者からの紹介という形もありますが、インターネットから情報を探すのが基本となります。

 

新薬の求人サイトは多々ありますが、情報の量、信頼性などを鑑みると、日本最大級のサイトである「新薬ネット」を利用するのが堅実です。